ワクチン接種による病気予防

ワンちゃん、ネコちゃんがかかる伝染病には、死亡率の高い危険な病気がたくさんあります。
そんな恐ろしい伝染病も、ワクチン接種によって防ぐことができます。


定期的にワクチンを接種していれば、伝染病にかかる危険性を少なくし、もし病気になってしまっても症状をはるかに軽くすることができます。一生を通じての定期的なワクチン接種によって、愛犬のかけがえのない命と健康を守りましょう。


子犬、子猫ともに母親からもらった免疫が無くなる生後2~3ヶ月前までに、3週間隔で2~3回のワクチン接種を、1歳を過ぎてからは年1回必ずワクチン接種をしましょう。

ワクチンで予防できる犬の病気
ジステンバー スペース 病気犬イラスト

ジステンパーウイルスによって感染し、死亡率の高い病気です。子犬に発生が多くみられ、感染すると、発熱、目ヤニ、鼻水、激しい咳や、下痢、嘔吐などの症状が現れ、てんかん様発作、チックなどの神経症状を示し、衰弱死してしまいます。


アデノウイルス1型 犬伝染性肝炎/アデノウイルス2型感染症 スペース

1型の症状は、子犬の突然死や、角膜が白く濁ったり、発熱、嘔吐、下痢などをおこします。また、2型は肺炎など呼吸器病症状です。


犬パラインフェルザ スペース

単独での感染よりもアデノウイルス1型、2型、ボルデテラ、マイコプラズマなどいろいろなウイルスや細菌と混合感染して、「ケンネルコフ」と呼ばれる呼吸器系の疾患をおこすものとして、知られてます。伝染力が非常に強く、咳やクシャミなどから、空気感染をおこします。


バルボウイルス感染症 スペース 犬病気イラスト

パルボウイルスによる急性伝染病で、チリやほこりに混じって長期間生存する抵抗力の強いウイルスです。子犬が突然死してしまう心筋型と、激しい嘔吐や下痢をする腸炎型があります。子犬では、死亡率の高い病気です。


犬コロナウイルス スペース

症状は、水様性の下痢や嘔吐を引き起こします。潜伏期感は、1~2日で、胃腸炎症状の後、殆どは回復します。感染した犬の便や尿に放出され経口感染します。


レプトスピラ症 スペース

犬だけでなく他の動物や人にも感染の危険性がある伝染病です。症状は黄疸出血型とカニコーラ型がの2つの種類があり、黄疸出血型は、黄疸や消化器症状、歯茎からの出血などがみられます。カニコーラ型も消化器症状を引き起こします。

ワクチンで予防できる猫の病気
猫ウイルス気管支炎 スペース 猫病気イラスト

ヘルペスウイルスが原因の病気で感染猫のクシャミや分泌物などからうつります。症状は、鼻水、クシャミ、目ヤニ、発熱、食欲不振などです。幼若な猫では、脱水や栄養不足で死に至ることもあります。


猫汎白血球減少症 猫伝染性腸炎 スペース

パルボウイルスが原因の病気で、白血球が極端に減少し、発熱、食欲不振、嘔吐、下痢などを引き起こします。


猫カリシウイルス感染症 スペース

始めは、クシャミ、鼻水、発熱など鼻気管支炎とよく似た症状がみられます。更に症状が進むと、口や舌などに潰瘍ができます。2次感染がおきると肺炎を併発して、死に至ることもある病気です。


猫白血病ウイルス感染症 スペース

症状は様々で、白血病の他に貧血や免疫力の低下、リンパ腫、流産、腎臓病など色々な病気を併発します。発病すると致命的な難病ですが、症状の出ない潜伏感染では異常なく過ごす猫も少なくありません。


猫クラミジア病 スペース

クラミジア・シッタシーが原因菌で、この菌が口、鼻、目より侵入し、結膜炎、目ヤニ、軽度の鼻水、クシャミ、咳、 肺炎を起こす事もあります。