フィラリアの予防と駆除
フィラリア予防イラスト

「フィラリア」は寄生虫の名前です。
犬が蚊に刺されて感染する心臓の寄生虫です。


蚊に刺され犬の体に入ったフィラリアの幼虫は、犬の体の中を成長しながら自由に移動して、大人になる頃に心臓にたどり着き、子供(ミクロフィラリアといいます)を産み始め、次々と成長していきます。
「フィラリアになる」というのは、フィラリアの親虫が心臓に住み着くことを言い、心臓がフィラリアでいっぱいになると血液の通り道は狭くなってしまいます。
心臓への負担が大きくなって呼吸困難になったり、お腹や肺に水が溜まってしまったり、狭い道を無理やり通るために血液中の赤血球が壊れてしまい、赤い尿が出たりします。そして様々な症状から死に至ります。


予防しなければ感染してしまう恐ろしい病気です。


フィラリア症予防薬を毎月1回投与することで感染を予防できます。
蚊は何月に発生し、何月まで吸血するのか正確に把握できない上に、今では一年中が蚊が活動するようになっています。11月前までフィラリアの予防をしていても12月に感染した場合、5月頃まで予防・駆除しなければ心臓まで達してしまいます。また、前年に予防したとしても春先に検査をした結果、ミクロフィラリア(子虫)を確認するということもあります。これでは予防していた事にはなりません。
当院がお勧めするフィラリア予防薬は、肝機能・腎機能などへの副作用が極めて少ないので、年間投与も安全です。またフィラリアの予防以外に、腸内寄生虫(回虫、鈎虫、鞭虫)にも有効な場合があります。

フィラリア予防薬投与前に

この予防薬は、フィラリアが寄生していないワンちゃんに投与する内服液です。


予防薬を飲ませる前に必ず血液検査を受け、フィラリアが寄生していないことを確認してから投薬して下さい。
もし体内にフィラリアの子供が既に住み着いていると、予防薬の影響で大量のフィラリアが一気に駆虫され、ショック、元気消失、食欲不振、嘔吐等の症状が現れます。場合によっては命に関わることがあります。


まずは、犬の体内にフィラリアが寄生しているのか否かを確認するための検査が必要です。検査でフィラリアの親虫や子虫が検出された場合は、予防薬の投与よりも現在いるフィラリアの駆除が先決です。
ご心配な方は当院、または最寄りの動物病院でしっかりと検査して、フィラリアの感染の有無を確認して下さい。
尚、血液検査を受けずに投与した場合、これらの事故に関して責任は負いかねますのでご了承下さい。

休薬する場合の注意事項

最低でも4月から12月までの9ヶ月間の投与が必要です。
特に蚊がいなくなってからの期間(11月~12月)は、投与を忘れがちですが、最もフィラリア感染の危険がありますので、忘れずに飲ませましょう。


フィラリアの予防についてご不明な点がございましたら当院までお問合せ下さい。